-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2009-04-10 06:18 | カテゴリ:古河市三和地区
かつて日本で桜と言えばヤマザクラのことを指す時代がありました。和歌にも多く詠まれるほど、日本人にとって長いこと愛された桜でした。現代では皆さんご存じの通り桜の代名詞はソメイヨシノに取って代わられました。

と言うことで、今や古河市内でヤマザクラを見つけるのはなかなか困難です。あったとしても「わぁ、すごい」というのはまずありません。筆者が知る限り古河市内で最も大きいヤマザクラはこの写真のものです。このヤマザクラは古河市内ではダントツに大きいです。場所は三和地区の尾崎(4/9撮影)。

このヤマザクラも一般の桜と同様、最盛期は短くてわずか1~2日です。
09osaki_yamazakura.jpg

ところで今年の2月、以下のようなニュースがありました(引用は2/13の読売新聞)。
 

茨城県古河市恩名の平地林約2・8ヘクタールで、地元のNPO「こが里山を守る会」による里山保全活動が進められている。

 中心になっているのは、子どもの頃、里山を駆け回った経験のある60~70歳代の70人。12日には、里山保全の大切さを知ってもらおうと、地元の小学生を招いて植樹祭も行われた。

 同会は、農家の減少や管理者の高齢化によって荒廃する里山をボランティアの手で復活させようと、2007年12月に発足した。恩名の平地林の地権者に管理を要請された古河市から協力を求められ、昨年4月、保全活動をスタートさせた。湿地にたまっていた落ち葉の除去作業や竹の伐採作業などに取り組んでいる。

 12日は、まず午前中にメンバーがコナラ35本を植えた。午後には、地元の市立名崎小の4年生約90人がメンバーと一緒にヤマザクラ65本を植樹した。

(以下略)


この植樹により、古河市内でもやがてヤマザクラのすばらしい光景が見られることになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。