-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2008-02-14 06:24 | カテゴリ:古河市古河地区
写真は古河の名産品のひとつ鮒の甘露煮。古河の名産品には他に、御家宝、みやこかぼちゃ、ばら、洋傘等があります。
funa_kanroni.jpg



ところで、経済産業省中小企業庁が平成19年度に創設した「中小企業地域資源活用プログラム」をご存知でしょうか?これを活用すれば、国のお金を使って(つまり、古河市の財政から支出せずに)、地域の名産品を生産する地元の中小企業を応援することが出来るのです。
chiikishigen.jpg

「中小企業地域資源活用プログラム」これを古河市の中小企業が活用しない手はないと思います。これについて詳しく説明するとかなりの分量となりますので、以下に内容を簡単に抜粋します。
【施策目標】
各地域の「強み」となり得る地域資源を活用した中小企業による新商品・新サービスの開発・市場化を総合的に支援する。地域産業発展の核となる新事業を5年間で1,000創出する。
【ねらい】
1.地域の強みを活かし、蓄積し、地域産業の競争力強化へ・「地域資源の活用」。必ずしも素材だけではなく、ソフト的な経営資源(見えざる資源:技術、経営システム、ブランド等)の蓄積も重視。・地域主体の取組みを応援。産学官連携、農工連携。
2.対象の拡大・地域の強みとなる「地域資源の活用」を推進する企業。・主として、「産地技術型」、「農林水産品型」、「観光資源型」の三類型。
3.外部専門家と仕掛け人により、大都市市場・海外市場とのリンク・顧客起点の事業展開、製造・販売一体展開。・専門家は、首都圏に偏在。マーケティング等の面で従来施策を一層強化。・ハンズオン支援に取り組む事務局を設置し、きめ細かな継続的ソフト支援を行う。事業計画のブラッシュアップ・フォローアップまで行い、支援案件を成功まで導き、モデルケースを創出。・地域発で全国や世界を目指す中小企業の応援役として「地域中小企業サポーター」を委嘱。
4.総合的なプログラムと強力な支援ツール・法律、予算(約100億円)、設備投資減税、低利融資、ファンド等政策手段を総動員し、関係機関との大連携を図る。・地域中小企業応援ファンドの創設、5年間で2000億円程度の資金枠を確保。☆特定地域産業地域集積活性化法:県が産地製造業や基盤技術集積産業の活性化計画を策定し、新分野進出の方向を決める。地域資源活用Pでは、地域の強みを活かした企業の創意工夫にゆだねる仕組みへ。

詳しい内容が知りたい方は、こちらのページを参照してください。
既にお隣境町の野口徳太郎商店が猿島茶でこのプログラムの適用を受けています(こちらを参照)。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。