-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2011-12-19 06:57 | カテゴリ:古河市古河地区
本年11/15発行のマップルマガジン「まっぷる県別対抗B級ご当地グルメ関東周辺」に古河のB級グルメ「七福カレーめん」が掲載されています。掲載は26ページ目で、丸々1ページ使って書かれています。掲載店は、境屋、餃子の丸満、喜楽飯店、唐草の4店です。この雑誌は書店だけでなく、コンビニにも置いてあるようですので、機会があったら見てみてください。
mapple_bq.jpg
ところで、豪華賞品が当たる今年度の古河の七福カレーめん各店を食べ歩いて集めるスタンプラリーは7/7から始まっており、その期限は来年の1月末までとなっております。詳しい内容は、こちらです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2011-03-03 07:26 | カテゴリ:古河市古河地区
古河の新名物、古河の七福カレーめん参加店は昨年秋に3店増え、現在23店です。新しく参加した3店の内、マルミッタさんは当サイトで先日ご紹介しました(こちら)。そして新たに参加した残りの2店も先日食べてきました。

コルシカさんの欧風カレーマカロニグラタン。1150円。
作り慣れていないのか、出てくるまでずいぶん時間がかかりました。
corsica.jpg

きらく庵さんの福ちゃんカレーつけめん。880円。これはなかなかいけました。
kirakuan.jpg
これで取り敢えず古河の七福カレーめん全店制覇キープです。

ところで、そろそろ古河の七福カレーめんを広く知ってもらうための次の一手がほしいところです。個人的には、B級グルメ選手権参戦正式表明がいいと思っていますが、まだハードルが高すぎるでしょうか。とにかく間断なくニュースを発表し続けないと、忘れ去られてしまいます。

古河の七福カレーめん公式サイト
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2011-02-18 06:57 | カテゴリ:古河市古河地区
久々に古河新名物「古河の七福かれーめん」ネタです。
古河の七福カレーめん参加店は、昨年より新たに3店舗増えて現在23店舗です。新たに増えた3店舗も食して完全制覇の状態にしておきたいと思います。
今日はその増えた3店舗のうち、以前からイタリアンとして評判の高い、緑町にあるマルミッタさんへに行ってきました。
marmitta1.jpg


マルミッタさんの七福カレーめんは、「七福カレーのリングイネ漁師風」と言います。エビ、イカ、あさりといった魚介の旨みが染み込んだカレーソースに、平たいパスタを使った料理です。これ七福カレーめんの中で一番お値段が高い1480円だけに、使っている材料は豪華です。カレーソースを使っていると書いてありますが、不思議なことに全然カレーさを感じませんでした。
marmitta2.jpg


このメニューには、自家製パンもつきます。おかわりもできます。
marmitta3.jpg


余談ですが、マルミッタさんで出てくるお水です。
marmitta4.jpg


お店の場所はこちらです。

大きな地図で見る

営業時間:ランチ 11:30-15:00(LO14:00) ディナー 18:00-22:00(LO20:30)

定休日:月曜日

マルミッタさんHPはこちらです。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-28 07:12 | カテゴリ:古河市古河地区
フジテレビで放映される茨城県のテレビ広報番組「おはよう茨城」って言うのがありますが、
その番組の10/31(日)放送で「秋のハッピーウォーク!~七千歩で古河を楽しむ旅~」と題して、
お笑い芸人江戸むらさきさんが古河の街を紹介してくれるそうです。

茨城県のHPのおはよう茨城のページによれば、放送内容は次の通りです。

「歴史と文化のまち」として知られる古河。
今回のおはよう茨城では、リポーターの江戸むらさきが古河のまちを歩いて様々な見どころを紹介します。

まち歩きのコースとしてオススメなのが「七千歩で歩ける古河七福神めぐり」。
このコースは、七福神巡りを楽しみながら、「古河歴史博物館」、「鷹見泉石記念館」や「篆刻美術館」などに立ち寄ることができ、古河の歴史や文化も学べるまさに芸術の秋にふさわしい散策コース。

散策の休憩で立ち寄ったレストラン「唐草」では古河の新名物「七福カレーめん」を堪能でき、かって古河城への食糧調達の道として使われた肴町通りにある米屋の老舗「米銀」や散策の途中ラテアートでほっとできるカフェ「Ocha-Nova」などを紹介します。

みなさんも秋の休日、古河のまちを散策してハッピーな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。



と言うことで、唐草の七福カレーめん「カポナータのミートソースカレー風味」や
karakusa_currymen.jpg


「Ocha-Nova」のラテアートが紹介されると思います。
ocha_nova_rate.jpg

放送時間は6:15から6:30です。
忘れないように今から録画予約をしておきましょう。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-21 07:22 | カテゴリ:古河市古河地区
Twitterではいち早くお伝えしましたが、(10/20)の産経新聞で、
古河新ご当地グルメ「カレー焼きめん」が報道されました。
この「カレー焼きめん」は言わば「古河の七福カレーめん」のイベントバージョンですね。
イベントで「古河のカレーめん」としてPRするためとありますが、
これはもうB-1グランプリ出場を視野に入れて動き始めている、と筆者は考えています。

実際の産経新聞の記事内容↓

古河の新ご当地グルメ 「カレー焼きめん」
古河市内の神社による七福神めぐりにちなみ、市内23の飲食店が“ご当地グルメ”として展開する「古河の七福カレーめん」。商店街活性化の起爆剤となる“新バージョン”を目指し、「カレー焼きめん」をテーマにした試食会が19日、参加店の喜楽飯店で行われた。

出品されたのはカレー粉末を使った「カレー風味焼きそば」やカレールーを使った中華揚げめん、カレー焼きうどん風など全5品。

イベント会場などで「古河のカレーめん」としてPRするため、「野外で調理しやすい」「アルバイトなど、誰でも盛りつけしやすい」などの意見が出されたなか、「カレールーを使った方が一般的になじみやすい」として、「揚げめん」「焼きうどん」の2作品が1次審査を突破した。

今後、調理方法や具材などを審議し、いずれかが11月6、7の両日、古河総合公園で開催される「よかんべまつり」に登場。入場者に味わってもらい、アンケート調査などを経て“さらなる進化”を図る。


古河の七福カレーめん参加店舗もいつの間にか3店舗増えてますね。
この春には20店舗だったのに・・・



「野外で調理しやすい」「アルバイトなど、誰でも盛りつけしやすい」ってこれ重要ですよ。
行列を作って並びますから手早く料理が出来ないとお客さんを裁ききれない。
B-1グランプリでの厚木シロコロホルモンの調理例↓
b1gp6.jpg


B-1グランプリでの実際の行列例。
ロープを張って蛇行させて並ばせる。
数百人の行列。
b1gp7.jpg


お客さんが多すぎると(調理が間に合わないと)、
事態を収拾するために販売を一時中止することも・・・
b1gp8.jpg
B-1グランプリに出場するには、いかに短時間で料理を調理し、
いかに多くのお客さんに料理を提供するかが重要。

以前にも申し上げましたが、全国の各地域が続々B級グルメに取り組むことを発表してます。
はっきり言って茨城は出遅れています。出遅れたらおいしいところは他にみんな持って行かれます。
古河もいち早くB-1グランプリ出場を実現させてください。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。