-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2009-11-17 06:55 | カテゴリ:古河市古河地区
今年の古河よかんべまつりで1万人篆刻イベントアートイベントをご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
あの行事は下のちらしにあるように「蔵美のまちづくり」のイベントの一環として行われたものなのです。
kurabi1.jpg

ところで「蔵美のまちづくり」とは具体的にはどういうことなのでしょう。
以下の10月23日の産経新聞の記事が分かりやすいと思います。

古河市蔵活用市民協議会は22日、JR古河駅西口周辺に点在する江戸期から明治期に建てられた見世蔵や石蔵を活用する「蔵美(くらび)のまちづくり」計画をまとめた。内閣府が募集した「地方の元気再生事業」の選定を受け、国の補助金を活用して実施する。

同市内では、これまでに各種団体で協議会を設立し事業を協議してきた。

この日は、古河から発信・実践する「蔵美のまちづくり」のため(1)もてなし・ふれあい・にぎわいの拠点となる蔵活用(2)蔵から広がる楽しく便利な歴史・自然・文化ネットワーク(3)蔵ストックの有効活用と促進する仕組み作り(4)蔵美のまちづくりを支える人材育成・組織強化-を4本柱とする事業推進案が採択された。

事業は、旧市内に点在する120の蔵を使った観光事業化を模索するもので、蔵の所有者にアンケートを実施。保存に向けて賃貸する人と借り手の募集、喫茶店など飲食店や画廊などの展示スペースなど利用目的、賃料による蔵の保存と維持などを目指し、データバンク作りにも着手している。
(以下略)



筆者も早速旧酒井邸で行われた呈茶席に行って来ました。
呈茶席と言えば今まで鷹見泉石記念館で行われているのを見たことがありますが、
筆者はこの日初めてこの席に臨みました。
このお茶の先生は23歳の時に古河に戻り、
それ以来50年以上お茶の世界を追求しているとのことでした。
kurabi2.jpg


旧酒井邸蔵では引き続き1万人篆刻アートイベントが開催されていました。
当日は野村古河市観光協会会長もお見かけしました。
kurabi3.jpg

上のチラシにあるように今後も関連イベントが続々実施されます。
興味があるものは見ていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。