-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2009-12-22 06:42 | カテゴリ:古河市古河地区
先日ご紹介した古河藩家老鷹見泉石が江戸時代末期に食したであろうオランダ料理を、
晃陽学園「雪華の大祭」で食べてきました。
yukihana_taisai1.jpg


これがその当時のオランダ料理を再現したもので、お弁当形式(500円)でした。
感想は一言で言ってあっさりさっぱりとした印象でした。
それもそのはず当時は調味料が塩くらいしかなく、どうしてもあっさりしたものになるとのことです。
現代人はこってりした味に慣れてしまっているので、
このお弁当を食べたらきっと何か物足りないものを感じるでしょう。
yukihana_taisai2.jpg
このお弁当の内容は、カラマナーチィ(肉の衣揚げ)、ブルードル(細切れ肉玉)、
コノル(野菜ぼうとる煮)、スパナーシ(ほうれん草ぼうとる煮)などです。


こちらの写真は校内に展示してあったオランダ料理ですが、
大皿に盛りつけるとよりいっそうおいしそうに見えます。
yukihana_taisai3.jpg


鷹見泉石は、自身の日記によると赤ワインやコーヒー、
そしてカステラなどの記述が度々見られたそうです。
その当時の庶民と比べると、ずいぶん違った食生活を送っていたようです。
yukihana_taisai4.jpg
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。