-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2009-08-19 06:09 | カテゴリ:北川辺町
写真はお隣北川辺町に自生するオニバスです。オニバスは絶滅危惧種に指定され、埼玉県内で唯一生育が確認されているのがここだけです。関東全体でも、オニバスはここと東京葛飾の水元公園の2カ所でしか見ることができません。それだけ希少な植物と言うことです。
09onibasu1.jpg

オニバスは、これまで筆者が見る限り年によってかなり生育状況が違います。今年の生育状況はかなり良いようで、今後滅多に見られないかもしれません。
09onibasu2.jpg
8/29(土)の午前7時から午後2時まで同地でオニバスフェスタが開催されます。
このオニバス生育地は、新三国橋を北川辺方面に渡り、渡りきったすぐの角にヤマザキデイリーストアがある交差点を左折し、次の突き当たりを右折して数分のところにあります。
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2008-08-22 07:00 | カテゴリ:北川辺町
古河からクルマで新三国橋を渡り5分もかからないところにあるのが北川辺町のオニバス自生地です。
オニバスは絶滅危惧種に指定される希少な植物で、関東でも数箇所でしか見ることができません。
下の写真はオニバスの花です(8/17撮影)。
08onibasu1.jpg



昨年は生育不良でしたが、今年も状況は改善されず、厳しいと言えると思います。
ところで、古河総合公園の御所沼にも一昨年まではこのオニバスの生育が確認されていたのですが、
昨年、今年とその姿は見られなくなってしまいました。
08onibasu2.jpg



続いて、オニバスの自生地からクルマで5分もあれば到着する大利根町のホテイアオイ生息地です。
ここは大利根町の道の駅周辺にあります。
ここのホテイアオイも昨年に続き、やはり生育状況はよくありませんでした。
花が咲いているのはほんの一部でした(8/17現在)。
08hoteiaoi1.jpg



場所によっては、本来ホテイアオイが生育するところに、
このように赤く小さな植物が水田の表面を覆いつくしております。
08hoteiaoi2.jpg

実は古河総合公園の蓮も、昨年、今年と生育状況は決して芳しいものではありませんでした。
来年は、蓮、オニバス、ホテイアオイ、ともに復活してほしいです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2006-09-15 06:05 | カテゴリ:北川辺町
060910onibasu.jpg

写真中央のオニバスの花は、なんと水中で咲いています。

今年何度もご紹介した北川辺町のオニバスですが、ここへ来てやっと花がある程度咲いてきましたが、写真にありますように未成熟のものが多く、水中で花開くものも珍しくありません。おそらく古河総合公園のオニバスも「水中花」状態となっているのではと、推測しています。

秋の花である、彼岸花やコスモスが一部咲き始まってきています。今後の関心はやはりそちらに移ってきてしまうでしょう。オニバスは今年はちょっと残念でした。

例によってこの日、大利根町のホテイアオイも見ていますが、まとまって咲いているところがスポット的にあるという状況でした。今週末も同じような状況と推測しております。

9/10撮影 SONY α100 TAMRON AF18-200mmF3.5-6.3
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2006-09-07 05:54 | カテゴリ:北川辺町
060902onibasu2.jpg

オニバスと言えばどうしても花に目を奪われがちですが、実はその葉が成長過程において、これほど「表情」に変化があるのは珍しい植物なのです。ですので、花ばかりではなく、その葉にも注目してみるとなかなか面白いと思います。

写真はそのオニバスの葉で、わずか手のひらほどの大きさなのですが、これだけの造形が詰め込まれているのです。この写真は、カラーで表示するとあまりにもグログロしいので(ヒトの脳みそを思わせます)、あえてモノクロにしています。

ところで管理人は、北川辺のオニバスと大利根町のホテイアオイは、ある写真家のブログを見て、2年前に初めて知ったのです。それはこちらのブログです。ちょうどオニバスの写真が公開されていますが、その斬新なアングルはすごいなぁと率直に思います。文章を読めば分かりますが、地面に寝転んで写真を撮っています。やはり、人に感動を与える写真は、努力しないと撮れませんね。

9/2撮影 SONY α100 MINOLTA AFアポテレマクロ200mmF4G+SIGMA 1.4テレコン
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2006-09-06 00:00 | カテゴリ:北川辺町
060902onibasu1.jpg

北川辺町のオニバスは、いよいよ今週末見頃を迎えることとなりそうです。

オニバスをご存知ない方に簡単にご説明いたします。オニバスは絶滅の危機に瀕した稀少な植物で、関東では東京葛飾とそしてこの北川辺町でしか自生地は存在しないそうです。葉の大きさは大きいものでは直径2メートルほどになり、それに比べて花は小さくて、ヒトの親指大ぐらいしかありません。初めてオニバスを見た人は、つぼみが自らの葉を突き破って水上に出ている姿を目の当たりにすると、きっと驚かれるに違いありません。私も最初それを見たときは、なんと「自虐的」な植物なんだろうと思いました。

昨年も書きましたが、オニバスを見に行かれる方は、「車上荒らし」に十分注意してください(管理人は、昨年実際に被害に遭われた方に会いました)。現地は駐車スペースが限られるため、特に見頃を迎えるこの週末は、自分の目の届かないところに、クルマを止めざるを得ない状況となり危険性が高まります。ホントは、最盛期だけでもおまわりさんが附近をパトロールしてくれるといいのですが・・・

9/2撮影 SONY α100 MINOLTA AFアポテレマクロ200mmF4G+SIGMA 1.4テレコン
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。