-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-29 06:44 | カテゴリ:古河市古河地区
いや~驚きました。麺堂稲葉さんもこんなことやるようになったんですね。
改めて麺堂稲葉さんを説明すると、古河市内で行列が出来るラーメン屋さんとして有名で、
ラーメンデータベースでは約1年半前から茨城県内ランキングナンバーワンです。
さらにラーメンデータベースによると、ラーメン部門全国25位、つけ麺部門全国20位、
そして総合ランキングで全国18位と、全国の中でも屈指のラーメン店です。
麺堂稲葉さんは鶏そばとつけ麺の評価が高いのですが、
今回セブン-イレブンで発売になるのはつけ麺の方です。
茨城県内のラーメン店でかつてセブン-イレブンとコラボ出来たラーメン店ってありましたっけ?
多分初めてじゃないでしょうか。
inaba_sevene_leven.jpg
この麺堂稲葉さん監修のつけ麺は、多分セブン-イレブンのいつものやり方で、
最初は古河市内限定で出して、
その後茨城・栃木限定みたいな形で販売するのではないでしょうか?
そういや、「古河の七福カレーめん」がセブン-イレブンで発売されたのがちょうど一年前だったなぁ。
単なる偶然だと思いますが・・・

麺堂稲葉さん、この勢いだとその内カップラーメンも出すようになるんじゃないかな。
そんな気がします。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-28 07:12 | カテゴリ:古河市古河地区
フジテレビで放映される茨城県のテレビ広報番組「おはよう茨城」って言うのがありますが、
その番組の10/31(日)放送で「秋のハッピーウォーク!~七千歩で古河を楽しむ旅~」と題して、
お笑い芸人江戸むらさきさんが古河の街を紹介してくれるそうです。

茨城県のHPのおはよう茨城のページによれば、放送内容は次の通りです。

「歴史と文化のまち」として知られる古河。
今回のおはよう茨城では、リポーターの江戸むらさきが古河のまちを歩いて様々な見どころを紹介します。

まち歩きのコースとしてオススメなのが「七千歩で歩ける古河七福神めぐり」。
このコースは、七福神巡りを楽しみながら、「古河歴史博物館」、「鷹見泉石記念館」や「篆刻美術館」などに立ち寄ることができ、古河の歴史や文化も学べるまさに芸術の秋にふさわしい散策コース。

散策の休憩で立ち寄ったレストラン「唐草」では古河の新名物「七福カレーめん」を堪能でき、かって古河城への食糧調達の道として使われた肴町通りにある米屋の老舗「米銀」や散策の途中ラテアートでほっとできるカフェ「Ocha-Nova」などを紹介します。

みなさんも秋の休日、古河のまちを散策してハッピーな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。



と言うことで、唐草の七福カレーめん「カポナータのミートソースカレー風味」や
karakusa_currymen.jpg


「Ocha-Nova」のラテアートが紹介されると思います。
ocha_nova_rate.jpg

放送時間は6:15から6:30です。
忘れないように今から録画予約をしておきましょう。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-27 07:20 | カテゴリ:古河市古河地区
いや~、この「黄門サイダー」が売れているとは驚きましたね。
Twitterでは既に10/14に紹介させていただきましたが、
この商品は古河市内の食品卸会社「三国物産」が企画し、
主に高速SAの土産売場で販売するものです。
komon_cider1.jpg

以下その販売好調を伝える10/26付けの朝日新聞です。

【茨城】黄門サイダーが目に入らぬか ネットで話題に、販売好調
古河市の三国物産が企画、販売している「黄門サイダー」の売れ行きが好調だ。

同社は、東日本の高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)に土産物などを納入する卸会社。黄門サイダーは今年12月に常磐道の友部SAが新装開店するのに合わせ、「新たな茨城土産を」と企画。5月から同SAや美野里PA、千代田PAで販売を始めた。

味は普通のサイダーと変わらないが、金色の葵の紋に毛筆タッチで商品名が描かれたラベルが印象的。同社取締役の清水文貴さん(45)によると、インターネットのブログなどで「面白すぎ」「なぜ黄門様がサイダー」などと話題になったという。

東北道の蓮田SA(埼玉県)などでも販売したところ、「ラベルに『水戸限定』と書いてあるのに、なぜここに」となぞを呼び、約3万本が売れるヒット商品に。今月13日からはコンビニエンスストア「セーブオン」の県内34店でも販売が始まった。

セーブオン各店は150円。SAなどは190円(ともに税込み)。



実は筆者もネットで話題になっているのを知って
(なにせ古河の会社が販売していると書いたありましたので)、
10/14に仕事で出張の折りに常磐道友部SAで購入していたのです。


ちなみに商品の裏のラベルはこうなっています。
komon_cider2.jpg

この三国物産と言う会社、拙サイトを良くご覧になる方でしたらご存じだと思いますが、
こちらでずんだもちを扱う会社として既に紹介しております。
ETC休日特別割引き実施で急速に膨らんだ高速道路ビジネスですが、
時流に乗って儲かっている会社が古河市内にあるんですね。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-26 07:12 | カテゴリ:古河市古河地区
写真は先日起工式が行われた横山町古河市地域交流センター建設地です(10/17撮影)。
chiiki_koryu_ct1.jpg


昨年11月に発表された同センターのイメージはこんな↓感じです。
chiiki_koryu_ct2.jpg


10/15付けの産経新聞では次のように報道されました。

古河市を活性化へ 交流センター起工
 古河市横山町のよこまち柳通りの活性化を目指した「市地域交流センター」の起工式が行われ、工事関係者や白戸仲久市長らがくわ入れをして工事の安全を祈願した。

 建物は鉄筋コンクリート2階建て約1800平方メートル、事業費は6億5千万円で、来年11月完成予定。旧日光街道として古くからにぎわった地域の再生や地域公民館老朽化に対応するため、関東の奇祭として知られる「古河提灯竿(ちょうちんさお)もみまつり」(12月)の会場に建設。駐車スペースは屋外イベントや恒例の七夕まつりなどに活用する。室内は屋台舞台を使った演劇やミニコンサートなど発表の場となる。

 建設工事中、今年の提灯竿もみまつりはJR古河駅西口で開催される。



これを読むと地域交流センター完成後は、
提灯竿もみまつりはその駐車スペースを使って行われると取れなくもないですが・・・
果たしてどうなりますでしょうか?


現地に行けば分かりますが、現在よこまち柳通りには、
道路の出っ張り部分に工事用のコーンが立っています。
ここの通りは現在一方通行なのですが、
これを見るとおそらく出っ張り部分をなくし対面通行にするのだと思います。
yanagidori.jpg
かつて私のブログへのコメントでここが一方通行であることが不満であると言うのを聞いたことがありますので、
古河市地域交流センター建設を機に対面交通に戻すのでしょうね。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-24 06:03 | カテゴリ:古河市三和地区
写真は、10/23に三和健康ふれあいスポーツセンターで行われた手筒花火の様子です。
手筒花火は愛知や静岡の勇壮な伝統行事なのですが、
この日が茨城県内で初の手筒花火だったそうです。
ご覧のように人の背の5倍以上にも火柱が上がります。
sansan_tezutsu1.jpg


女性もやっています。
sansan_tezutsu2.jpg


五人同時の手筒花火。
sansan_tezutsu3.jpg


今回手筒花火を披露してくださったのは主に益子町の下野手筒会のみなさん。
平成17年から活動を始め、毎年の益子町祇園祭でその技を披露しているそうです。
関東では館林が10年から手筒花火をやっていますが、
それに続いて関東でたったふたつの手筒花火ということになります。
sansan_tezutsu4.jpg
手筒花火がなんの縁で古河市でやることになったか分かりませんが、
来年以降もぜひ古河市で披露してほしいと思いますね。
でも予算の関係で無理なんでしょうかね。
今年は予算増額で特別らしいですから。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-22 07:29 | カテゴリ:古河市古河地区
写真は9/30に閉店してしまったマクドナルド古河イトーヨーカ堂店。
閉店に伴い根も葉もない良からぬ噂を立てる輩が後を絶たないため
(これに関連して全く関係ないイトーヨーカドーが危ないとか言ってるアホがいる)、
改めてマクドナルドの閉店の真相について記したいと思います。
closed_mac.jpg

実はマクドナルドは今年の2月にこういうことを発表してるんですね。
ロイターの記事より引用。

日本マクドナルドの10年12月期も上場来最高益更新へ、戦略的閉店も
日本マクドナルドホールディングスは9日、2010年12月期の連結営業利益が前年比7.3%増の260億円になるとの見通しを発表した。上場来最高益の更新を見込む。

また、433店舗の戦略的閉店を実施し、新規店舗出店のためのベース作りを行う。

営業利益見通しは、トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト5人の予測平均値260億円と同水準だった。

10年12月期には、斬新な店舗デザインを取り入れるなどした新しい店舗開発戦略を展開する。原田泳幸・会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は会見で「新規店舗がこれからの成長を支える柱になる」と位置付けた。

一方で、これらの戦略を適用できない店舗やブランドイメージを毀損している店舗、投資効果を見込めない店舗などは「新店開発の阻害要因」として閉鎖を進める。2010年12月期は433店の閉店を計画。

店舗閉鎖に伴い120億円、これを含んた構造改革費用として145億円の特別損失計上を予定しており、当期利益は前年比54.7%減の58億円にとどまる。

既存店売上高は前年比1.0―3.0%増で、7期連続でのプラスを計画している。全店売上高は0.4%増と、433店舗を閉店した上でもプラスを確保する計画。

新規店舗は4月末をメドに東京都心で13店舗の出店を計画している。同社では、不採算店舗の整理と新規店舗出店を進めることで、一店舗あたりの売上高を伸ばし、経常利益率も現状の8%から10%に引き上げたいとしている。

09年12月期の営業利益は前年比24.0%増の242億円になり、トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト5人の予測平均値238億円を上回った。

既存店売上高は1.1%増だった。全店売上高は2.6%増の5319億円で、過去最高を更新した。



閉店する店舗はなんと全店舗の一割強。
だから、マックの閉店は珍しくもなんともないんです。
その後発表になったニュースを見ると、
戦略的閉店を実施した後に600店舗以上新規開店するとなっています。
と言うことは、今後古河市内でもマックの新規開店は間違いなくあるでしょう。
それがどこに開店するかはまだ分からないですけど・・・
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-21 07:22 | カテゴリ:古河市古河地区
Twitterではいち早くお伝えしましたが、(10/20)の産経新聞で、
古河新ご当地グルメ「カレー焼きめん」が報道されました。
この「カレー焼きめん」は言わば「古河の七福カレーめん」のイベントバージョンですね。
イベントで「古河のカレーめん」としてPRするためとありますが、
これはもうB-1グランプリ出場を視野に入れて動き始めている、と筆者は考えています。

実際の産経新聞の記事内容↓

古河の新ご当地グルメ 「カレー焼きめん」
古河市内の神社による七福神めぐりにちなみ、市内23の飲食店が“ご当地グルメ”として展開する「古河の七福カレーめん」。商店街活性化の起爆剤となる“新バージョン”を目指し、「カレー焼きめん」をテーマにした試食会が19日、参加店の喜楽飯店で行われた。

出品されたのはカレー粉末を使った「カレー風味焼きそば」やカレールーを使った中華揚げめん、カレー焼きうどん風など全5品。

イベント会場などで「古河のカレーめん」としてPRするため、「野外で調理しやすい」「アルバイトなど、誰でも盛りつけしやすい」などの意見が出されたなか、「カレールーを使った方が一般的になじみやすい」として、「揚げめん」「焼きうどん」の2作品が1次審査を突破した。

今後、調理方法や具材などを審議し、いずれかが11月6、7の両日、古河総合公園で開催される「よかんべまつり」に登場。入場者に味わってもらい、アンケート調査などを経て“さらなる進化”を図る。


古河の七福カレーめん参加店舗もいつの間にか3店舗増えてますね。
この春には20店舗だったのに・・・



「野外で調理しやすい」「アルバイトなど、誰でも盛りつけしやすい」ってこれ重要ですよ。
行列を作って並びますから手早く料理が出来ないとお客さんを裁ききれない。
B-1グランプリでの厚木シロコロホルモンの調理例↓
b1gp6.jpg


B-1グランプリでの実際の行列例。
ロープを張って蛇行させて並ばせる。
数百人の行列。
b1gp7.jpg


お客さんが多すぎると(調理が間に合わないと)、
事態を収拾するために販売を一時中止することも・・・
b1gp8.jpg
B-1グランプリに出場するには、いかに短時間で料理を調理し、
いかに多くのお客さんに料理を提供するかが重要。

以前にも申し上げましたが、全国の各地域が続々B級グルメに取り組むことを発表してます。
はっきり言って茨城は出遅れています。出遅れたらおいしいところは他にみんな持って行かれます。
古河もいち早くB-1グランプリ出場を実現させてください。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-20 06:57 | カテゴリ:古河市古河地区
先日(10/10)産経新聞でこんなことが報道されました。

西日本の淡水ガメ、外来種が固有種逆転 4割占める

西日本の淡水ガメの約4割が外来種ミシシッピアカミミガメ(幼体はミドリガメと呼ばれる)で、日本固有種のニホンイシガメを逆転していることが神戸市立須磨海浜水族園の調査で分かり、9日、東京で開かれた日本爬虫(はちゅう)両棲類(りょうせいるい)学会で亀崎直樹園長らが発表した。同園は「危機感を持って輸入禁止など本格的な対策が必要だ」と警戒している。

水族園は、平成17年から今年9月まで岐阜県以西の11府県の池など210カ所で淡水ガメ約900匹を捕獲、種別を集計した。

その結果、ミシシッピアカミミガメが42%と最も多く、日本固有種のニホンイシガメは25%程度であることが判明。このほか、固有種かどうか議論が分かれるクサガメが31%、スッポンは2%だった。

北米原産のミシシッピアカミミガメは1960年代からペットとして大量に輸入され、飼い主に捨てられるなどして国内で急増しているとされている。



外来種のミシシッピアカミミガメが、日本固有種のカメより多くなっていると言う記事ですが、
実は古河も他人事と言って片付けるわけには行かなくなっているように思います。
以下証拠をお見せいたしましょう。


3年半前(2007年4月28日)に古河総合公園で撮影したものですが、明らかにミシシッピアカミミガメです。
akamimigame1.jpg


悠々自適に我が物顔で池を泳いでいました。
akamimigame2.jpg


大きく育つと体長が30cm近くにもなります。
なお、幼体名はミドリガメと言い、昔はお祭りの屋台などで売られていることもありました。
筆者も記憶がありますが、あのミドリガメも大きくなるとこんなにもなってしまうのです。
もはやかわいいと言えません。鶏のササミなども好んで食べるそうです。
akamimigame3.jpg

これらの写真を撮っているときは、公園にカメがいるということで喜んでいましたが、
この事実を知った今、深刻に考えざるを得ません。
殺すわけにもいかないんでしょうね。
安易に輸入してこんなことになるって言うのが多すぎる気がします。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-19 06:56 | カテゴリ:古河市古河地区
今年は古河公方が誕生してから555年、
そして、古河歴史博物館の開館20周年と言うことで、
今週末10/23から古河城を主題とした展示が同館で開催されます。
rekihaku_kogajo.jpg
今回の展示では、本丸図面、古河城門の鯱等、古河城に関する貴重な資料が公開されるとのこと。
筆者も開催期間中見に行こうと思います。

余談ですが、この展示が終わった直後の11/30から来年2/28まで、
古河歴史博物館は改装工事のため、しばし休館となるそうです。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-18 06:54 | カテゴリ:古河市三和地区
今週末10/23(土)は、三和健康ふれあいスポーツセンターにて、「第4回三和産業祭 さんさんまつり」が開催されます。
なんかイベント名が長いですが、元々は別の日に開催していたふたつの行事を統合した経緯からこう呼んでいます。
単に「さんさんまつり」としちゃった方がいいように思いますが、みなさんどうお考えですか?
さて、前置きはこれくらいにして今年のこの行事の目玉は・・・
091024sasan_matsuri.jpg


人気お笑い芸人「響(ひびき)」が来るということですね。
2010_4th_sansanmatsuri.jpg


響って筆者は知らなかったのですが(テレビ見ないもので)、こんな↓人のようです。

当日は12時からと14時からの2回公演があります。

響のステージの他には、
例年通り、模擬店の出店(これが旨い!)や、地元産のバラやお米のプレゼント、
お囃子、神輿、山車等の民俗芸能等盛りだくさんです。
三和地区最大の動員数を誇るお祭りです。
機会があったら是非ご来場ください。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-15 07:03 | カテゴリ:板倉町
古河から行くと館林の手前、群馬県板倉町のコスモスが満開を迎えているそうです。
※写真は2008年に三分咲き状態を撮影。
かつては8000万本で日本一のコスモス畑と言っていましたが、
今年は少なくて3000万本です。
少なくなったと言っても現場に立つと壮大な風景です。
20081005itakura_cosmos1.jpg


今週末10/16、17は熱気球やヘリコプター体験試乗、模擬店出店等様々な催しものが行われます。
20081005itakura_cosmos2.jpg

昨年は最盛期直前に台風がやってきて、
大半のコスモスの花を散らし、コスモスの茎はなぎ倒され、
惨憺たる状況になってしまいました。
毎年最高の状態で見られる訳ではないのです。

今年は昨年の真逆、最高の状態です。
機会があったらぜひ覗いて見てください。
コスモスの花は摘み放題です。
あっ、確か土日は駐車料金が500円取られると思います。

板倉のコスモスについて詳しくはこちらを参照してください。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-14 06:58 | カテゴリ:古河市三和地区
古河市諸川に耐熱ガラス容器大手で、
また実際に大変人気のあるハリオグラスの工場があります。
この工場で春と秋の年二回、工場直販セールがあります。
この直販セールでは同社の代表的な商品を直接手にとって見ることが出来、
しかもお値段が定価じゃでなくて割り引いてあって安い!
hario.jpg


今年のハリオの秋の工場直販セールは、
今週の10/15(金)、10/16(土)に開催されます。
2010hario_family_sale.jpg
ふたがガラスのタジン鍋なんて、ここの動画を見ると買いたくなります。
しかし、筆者は両日共仕事です、残念、買えません!
まぁ、こちらのネットショップで買えなくもないけど・・・

ハリオグラスの工場所在地です。
ハリオグラスの工場は全国で古河にしかありません。
※この工場、特筆すべきは煙突がないということです。

大きな地図で見る

ハリオグラスの会社内容・製品詳細はこちらの同社HPを参照してください
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-13 07:01 | カテゴリ:古河市三和地区
10/23(土)に三和健康ふれあいスポーツセンターで行われるさんさんまつりの
チラシを見ていたら、驚きました。
なんと、今年は手筒花火を実演するとのこと。
手筒花火は主に愛知や静岡で見られる勇壮な伝統行事なのですが、
関東地方ではなかなかお目にかかれないものです。
古河周辺だと館林で10年前から手筒花火をやっていて、
筆者は2年前に初めて観ましたが、
手に花火を持って火の粉を人間が浴びる様はすごい迫力でした。
2010tedutsu.jpg


その手筒花火がなぜ古河でやるの?
とその開催決定に到る経緯には大いに興味があるところですが、
何よりもじぶんちの近くで開催されることがうれしい!
10/23が待ち遠しいです。
※下の写真は館林で一昨年行われた手筒花火の様子

関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-12 07:18 | カテゴリ:古河市総和地区
10/11の関東ド・マンナカ祭りで古河市が独自に開発する予定のド・マンナカスイーツ発表会がありました。
最終審査で登場したのは、下の写真にありますように10組でした。
古河の特産物を使ったものや、古河をイメージしたもの等いろいろありましたが、
最優秀賞はNo.8の「古河三尺玉羊羹」でした(赤矢印)。
domannaka_sweets1.jpg


この最優秀賞に輝いたのは、あのチャンガラカフェのオーナー婦人が考えたアイデアでした。
チャンガラカフェに行ったことがある人だったら、きっと見覚えがあるはず。
ちなみにチャンガラカフェは過去に拙ブログでもご紹介したことがあります(こちら)。
domannaka_sweets2.jpg


上のショーケースの古河三尺玉羊羹を精一杯拡大。
分かりづらいと思いますが、包装は古河花火大会の目玉、三尺玉を模したもので、
中の羊羹を切るとそこには花火をイメージした見た目の内容となっています。
domannaka_sweets3.jpg
本当はこのスイーツはもっと詳細な写真が撮れるはずだったんですが、
ショーケースから出してお披露目するときに、
ギャル曽根ちゃんが食べると言うイベント構成になっていたため
(つまりギャル曽根ちゃん撮影禁止!)、
詳細な写真を撮ることが出来ませんでした。
後日、詳細は古河市HPあるいはギャル曽根BLOGで明らかになると思います。

10/13追記 ギャル曽根ブログで当日の様子がアップされました!こちらをクリック。

ところで、ドマンナカスイーツはこの最優秀賞だけがそうなるのか、
他の優秀賞を含めてドマンナカスイーツと呼ぶのか現在のところ分かりません。
一品だけだと寂しい気がするし、他の作品も棄てがたいところもあるし、
どうなるかはやはり古河市HPの今後の発表を見守るしかありません。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-08 07:36 | カテゴリ:古河市総和地区
この週末3連休は古河市内最大の産業祭、古河関東ド・マンナカ祭りが開催されます。
今まで同祭りは例年2日間の開催でしたが、今年は3日間開催されます。
12th_domannaka_matsuri1.jpg



今年みなさんが一番注目しているのは、
ド・マンナカスイーツ発表会でギャル曽根が来ることでしょう。
12th_domannaka_matsuri2.jpg


ギャル曽根に関わらず今年も多数の出店で賑わうことでしょう。
2009domannaka_matsuri1.jpg


ステージ前広場ではサンバダンスや民俗芸能が行われます。
2009domannaka_matsuri2.jpg


特設ステージでは筆者が好きなダンスやイバライガーショー、学生によるB級グルメ発表、
先ほどのギャル曽根出演のド・マンナカスイーツ発表会などが行われます。
2009domannaka_matsuri3.jpg

この他にも中央運動公園の敷地をフルに使って様々な行事が行われます。
ホント盛りだくさんで書ききれません。
関東ド・マンナカ祭りの公式サイトがあったらいいのですが・・・
ぜひ会場に足を運んで楽しんでください。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-07 07:30 | カテゴリ:結城市
今週末10/9(土)、結城市健田(たけだ)須賀神社にて「結い市」が開催されます。
この「結い市」を主催する「結いプロジェクト」は、
結城を魅力ある町にしたいと考える結城市を中心とする10数名のチームのことを言います。
今回の「結い市」はその「結いプロジェクト」の活動の一環です。
この「結い市」の内容は下のフライヤーにも書いてありますが、
より詳しい内容はこちらの「結いプロジェクト」のHPをご覧ください。
と、前置きはこれくらいにして、古河のブログとしてぜひ伝えたいことは、
今回の「結い市」では古河のお店も何店も参加すると言うこと。
具体的には・・・
yui_event_flyer_front.jpg
ocha-nova、re-born、コハル花店、silence、江連判子店さんなどです。
これらのお店の中には先頃古河市内で行われたモノツクルクル市に出店されたお店もあるし、
初めて出店するお店もあります。
お店だけでなく、コンサート等もあって、おもしろいことになると思いますね。
お時間がある方はぜひ行ってみてください。

開催場所はこちらです。
車で行かれる方は神社すぐ近くの結城市公民館に車が止められます。

大きな地図で見る
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-06 07:17 | カテゴリ:古河市古河地区
写真は先頃10/3に古河駅西口停車場通りで開催された第3回古河朝市の様子です。
今回予算が増額されたこともあるのでしょうが、
かなり力の入ったものとなり、
実際人出は9000人にもなったそうで、
大盛況、大成功でした。
20101003asaichi1.jpg


今回の目玉である那珂湊直送の鮮魚は、わずか30分で完売!
これではいくら何でも早すぎるでしょう。
次回以降はもっとたくさんお魚を持ってきてほしいです。
20101003asaichi2.jpg


意外やヨーカードーさんなんかも出店してました。
20101003asaichi3.jpg


古河市長(グレーのスーツの人物)も一店一店声をかけて廻っていました。
20101003asaichi4.jpg


会場周辺ではちんどんやが廻り、大道芸やジャズバンドの演奏もありました。
20101003asaichi5.jpg
これだけ大盛況にやれるんだったら、
年1回の開催と言わず、季節ごとに開催してもいいように思います。
ただ、そうなった場合、のほほんとやっていてはマンネリ化してしまいますので、
常に新しい試みが求められることになると思います。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2010-10-01 07:18 | カテゴリ:古河市古河地区
先日史上最高の人出で大盛況に終わったB級グルメの祭典B-1グランプリは、
実は主催する愛Bリーグに加盟すれば、どこの団体でも出場することが可能でした。
つまり、出場しようと思えば古河の七福カレーめんも容易に出場することが可能だったと言えるでしょう。

でも・・・・、
今年のB-1グランプリの状況を踏まえて、
今後地域予選が実施されることが濃厚となってしまいました。
以下、それを伝える9/22の毎日新聞の記事です。

B-1グランプリ:地域予選を検討 「混雑で食べられぬ」

 来場者43万5000人で過去最大の大会となった「B-1グランプリin厚木」。お目当てのグルメにありつけず、訪れた人からは不満も漏れた。

 B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」を主催する「愛Bリーグ」は、本選前に地方ブロック大会などを開く「選抜制」の検討を始めた。人気の食イベントを適正規模にするため、出展団体を絞り、「食べられない」といった来場者の不満解消も図る。

 愛Bリーグ(正・準会員57団体)は市民団体やNPO法人などで構成される。グランプリ参加は入会を条件としているが、申請が相次ぎ年内には70~80団体に達する見込みだ。

 第1回(06年、青森県八戸市)の1万7000人から、第4回(09年、秋田県横手市)は26万7000人と来場者も増え、18、19日に神奈川県厚木市で開かれた第5回は出展46団体、来場者43万5000人(主催者発表)とも過去最多だった。

 一方、料理の量にも限界があり、長時間並んでも食べられない事態が生じた。数時間で完売する店も相次いだ。 愛Bリーグの渡辺英彦会長は「出展団体が多いと会場のキャパシティー(容量)の問題が生じる。事前の地方ブロック大会の優勝者が決勝に臨む方式など選抜制を検討している」と言う。来年の第6回大会(兵庫県姫路市)は既に準備が進んでおり、7回以降の大会で導入が検討される。




混雑で食べられないと言うのは筆者も強く感じていました。
実際、筆者は開場前から会場に行っていたのですが、
取材しながら食べていたとは言え、たった3軒しか食べることが出来ませんでした。
会場はこんな↓状況でしたから仕方ありません。
2010B-1GP.jpg

それとこの記事には書いてありませんが、
B-1グランプリは食事するのに1000円単位のチケットを前払いで買わなければならず、
しかもそれは払い戻し不可で、
チケットを全部使い切れず終わってしまった人も多かったのではないでしょうか?

と言うことで、B-1グランプリは参戦が遅くなれば遅くなるほど条件が厳しくなります。
古河の七福カレーめんも出場を目指すのなら、早く取り組むことが望まれます。

早く取り組んでグランプリを獲得したところは、こういう風↓にしっかり経済効果を出しているのです。
※9/17の毎日新聞の記事より

B-1:経済効果も“美味” 富士宮やきそばは439億円

 神奈川県厚木市で18、19日に開催されるB級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリin厚木」(実行委員会、愛Bリーグ主催)。出展団体が年々増加し、過去最多の46団体がエントリーした背景には、優勝した場合の地元への経済効果がある。過去に連覇した「富士宮やきそば」の静岡県富士宮市では439億円との試算が出た。初の首都圏開催で、我が町のグルメを「全国区」にしようとの意気込みが広がっている。

 06年の第1回(青森県八戸市)、07年の第2回(富士宮市)を制した富士宮やきそばは一気に知名度が上がり、今やB級ご当地グルメの代表格。NPO法人「富士宮やきそば学会」の委託を受けた静岡市のコンサルタント会社「地域デザイン研究所」の試算によると、「学会」がPR活動を始めた01年以降9年間の日帰り観光客(約345万人)などを基に消費額に換算すると、総額約250億円に上るという。このほか、めんや食材の売り上げ、さらにメディアへの露出度を広告費に換算し、「439億円」をはじき出した。
09年9月に第4回大会が開かれた秋田県横手市では地元の「横手やきそば」が優勝した。実行委などが試算した結果、関連行事を含む3日間の来場者による消費額は約13億円。さらに、その後の1年間で見込まれる観光客は約10万人で消費額に換算すると約7億3000万円という。

 第3回で「厚木シロコロ・ホルモン」を優勝に導いた今大会実行委の中村昭夫さん(47)は「(開催地)厚木への経済効果の目標は1年間で200億円。今回、過去優勝者を審査外にして、他の料理にもチャンスを広げたため各団体は過熱しています」と説明する。
愛Bリーグと富士宮やきそば学会で会長を務める渡辺英彦さん(51)は「B-1は業界や行政に頼らず、食で日本中を元気にしたいとの市民活動で、新しい形の地域活性化。財政が厳しい時代に人を動かすことでお金を動かすのと同じ効果を生んでいる」と話している。



ここまで大成功するのは難しいかもしれませんが、
まずは始めないことには何事も前に進みません。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。