-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2013-07-28 08:47 | カテゴリ:古河市三和地区
日野自動車の市橋社長は7月26日都内で記者会見し、古河工場の全面稼働を、当初の予定2020年までとしていたものを、4年前倒しし2016年とすることを明らかにしたそうです。

現在の日野自動車古河工場の様子です。
今のところ一番車の出入りが多い西門です。
日野自動車古河工場

工場も全体の敷地面積からするとまだまだ小さい。
日野自動車古河工場

以下各報道機関の今回の日野自動車の発表を報じる記事です。

産経新聞7月27日付け
日野自動車、古河工場を2016年末までに全面稼働 4年前倒し

 日野自動車は26日、昨年に稼働を始めた古河工場(茨城県古河市)の車両組立工場を2016年末までに全面稼働させると発表した。当初は20年までに大中型トラックの組み立てを日野工場(東京都日野市)から古河工場に移管する計画だったが、4年前倒しする。

 会見した市橋保彦社長は、「これから(海外の)生産が伸びる中で、持続的な成長をより確実とする」と計画前倒しの狙いを説明。溶接や塗装などの新技術を導入するほか、車両組み立てラインを従来の3本から1本に集約し、高効率な生産を実現する。海外に輸出する基幹部品も年間10万~12万台生産し、同社にとってのマザー工場に位置づける。

 日野工場は生産移管後に閉鎖することが決まっており、跡地の活用法については「現在も協議が続いている」(市橋社長)という。


毎日新聞7月27日付け

日野自動車:古河工場、16年に本格稼働へ /茨城

 日野自動車(本社・東京都日野市)は26日、当初2020年に予定していた古河工場(古河市名崎)への機能移転を2016年内に実施すると発表した。同社などによると、古河工場が本格稼働すれば、2000人規模の従業員が勤務することになる。

 日野自動車は、日野市の日野工場周辺が市街地化し、拡張できなくなったことから、2010年12月に古河市名崎に66ヘクタールの工業用地を取得。昨年5月から組み立て部品をこん包する部門の操業を開始していた。古河工場は今後、国内向けのトラック生産と東南アジアのトラック組み立て工場向けの部品を生産する拠点になる。

 県立地推進室よると、古河工場への移転に伴い、周辺地域で部品を扱う関連企業の立地も進んでいるという。県内初の自動車メーカーの主力工場の本格稼働について、橋本昌知事は「本県経済の活性化に大きく貢献すると期待している」とコメントした。【岩嶋悟】

引用終了

4年前倒しして2016年と言うことは、今から3年後で時間的に余裕はありませんから、急速に日野自動車古河工場内、そしてその周辺地域が変わることを意味しますね。

現在も日野自動車工場周辺地域は道の整備や新しいお店が出来たりして、急激に変化し続けていますが、今後3年間はさらに劇的に変化することは間違いないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2013-07-21 12:31 | カテゴリ:古河市古河地区
ジャンル:地域情報 テーマ:茨城県
Yahoo!の「花火大会&夏祭り特集2013」の「花火大会ランキング」に「花火師が選ぶ、全国の美しい花火10選」というのがあり、その第5位に「古河花火大会」が選ばれました。

この美しい花火を全国の大会から選んだ花火師は、数々の花火大会で入賞経験を持つ野村花火工業の野村陽一さんです。

全国の美しい花火10選


第5位古河花火大会
原文はこちらからご確認ください。

これで古河花火大会は、「関東で行きたい花火大会第2位」、そして「花火師が選ぶ、全国の美しい花火10選の5位」となったわけで、開催日の今年8月3日(土)が待ち遠しいですね。天気が悪くなければ、史上最高の来場者数を記録しそうです。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。