-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2011-02-25 07:05 | カテゴリ:古河市古河地区
下の地図の赤丸印は、筆者の記憶に残るかつて駄菓子屋でべったら焼きが食べられた場所です。
その昔一時期お好み焼きブームと言うものがあり、それは大人からそれこそ小学生や幼稚園生まで広い範囲の年代で好んで食べられていました。そんな時代ですから、小学生もいか天とかえび天とか出来ればお好み焼きを食べたいのですが、いかんせんおこづかいに限りがあります。その時の救世主がべったら焼きまたはぼったら焼きでした。べったら(ぼったら)焼きは、簡単に言ってしまえばお好み焼きの具を簡素化したもので、それは値段がお好み焼きより安く、また取り敢えずお腹を満たしてくれるという点では、小学生を満足させるものがあったと思います。
bettarayaki_dagashiya.jpg
べったら(ぼったら)焼きは、お好み焼き屋でも扱っていましたが、なぜ駄菓子屋で扱っていたのでしょうか。当時の駄菓子屋は流行に敏感で、商売に結びつくとなるとすぐにお店に取り入れていました。ある意味時代の最先端だったのです。今の絶滅に近い状況を見ると信じられないかもしれませんが・・・

実は先日twitter上でこのべったら(ぼったら)焼きの話題を振ったところ、たいへん話が盛り上がり、ある飲食店さんがお店のメニューに載せてくれるところまで話が行き着きました(つまり、古河にべったら(ぼったら)焼きが復活します!)。でも、始めるに当たってまだまだ情報が少ないんです。かつて古河市系ブログでは、ここここにべったら(ぼったら)焼きの記述がありますが、もっと情報がほしいところです。
筆者がその後調べたところ、埼玉県川口市にあるまつやさんのぼったら焼きが当時のものに近いように思いますが(詳しくはこちら)、果たしてこれでいいのかどうか。
と言うことで、べったら(ぼったら)焼きについて幅広く情報を求めます。特に具材について詳しく知りたいです。よろしくお願いいたします。
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

秘密

トラックバックURL
→http://inspire91.blog3.fc2.com/tb.php/1438-c7692b4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。