FC2ブログ
2007-10-30 06:33 | カテゴリ:古河市古河地区
福祉の森会館周辺で10/28に開催された「手づくりまつり」に行ってきました。
事前に古河市のHPで開催内容を読んだのですが、イマイチどんなお祭りなのか理解できませんでした。ちなみにこう書いてありました。
「このまつりは、市内の各ボランティア団体が自らの力で何ができるかを考え、実施するまつりです。社会の中でハンディを持つ人々と共に生きることの大切さを学んでほしいと思います」
実際のお祭りを見て自分なりに分かりやすく説明すると、社会の中でハンディを持つ人々とは”お年寄り・子ども・障害者”を表し、その人たちと健常者がともにアトラクションや模擬店等を通じて生きることを学びあうお祭りである、と言うことになるかと思います。

この会場配置図を見ていただければどんなお祭り内容であったか一目瞭然です。
これらのアトラクションや模擬店等が全て無償で提供されるのです。
28th_tezukuri1.jpg



手話の学習コーナーが開設されていました。
28th_tezukuri2.jpg


こういった趣旨のお祭りは古河市内では珍しいので、本当はもっと時間をかけて見たかったのですが、ご存知の通りこの日は「三和産業祭・さんさんまつり」とかぶってしまい、思う存分に見られなかったです。出来ることならば、同じ日に複数の行事が重ならないようにお願いしたいところです。

なお、参考までに手づくりまつりスタッフのブログはこちらです。


10/28撮影
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

秘密

トラックバックURL
→http://inspire91.blog3.fc2.com/tb.php/644-b57eca02