-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

2008-04-24 06:54 | カテゴリ:未分類
先日発表になった以下の記事。台風等の大雨で古河市において堤防が決壊した場合、
最悪6300人の死者が出ると言う。
洪水を予防するため我々一般人に出来ることはないのだろうか?

最悪で6300人が水死 中央防災会議調査会

政府の中央防災会議専門調査会は25日、1000人以上が死亡した1947年の「カスリーン台風」並みの大雨が関東地方を襲い利根川の堤防が決壊した場合、1都5県で死者が出る可能性があり、最悪で6300人が水死するとした被害想定を公表した。

専門調査会によると、洪水による死者数の試算は国内で初めて。200年に1度の確率とされる、3日間で計320ミリの大雨が降った場合に大きな被害をもたらすとみられる6地点で推計した。

死者が最多となるのは、渡良瀬川との合流地点近くの茨城県古河市で左岸堤防が決壊し、排水施設が稼働しなかったケース。浸水区域外に避難した人の割合(避難率)が0%の場合、浸水区域内の人口11万人のうち、同県境町で2800人、古河市で2000人、同県坂東市で1400人など計6300人が水死するとした。死者は避難率が40%で3800人、80%で1300人としている。
(共同通信社)



管理人が思いつくのはこれである(画像クリックで引用元ページへジャンプ)。
なぜ、足尾に木を植えると洪水予防になるのか?
ashio_shokuju_m.jpg



足尾はかつて銅の採掘で栄えたところ(詳しいことはこちら)。
我が古河市を流れる渡良瀬川を上流にたどって約80Kmのところにある。
銅山から出る排煙で付近の山々の木を枯らし、緑が非常に少ない。
保水力を失った山は、渡良瀬川下流の地域で洪水の原因となり得るのです。
写真は昨年撮影した足尾銅山跡地(写真下に流れているが渡良瀬川)。
現在も崩落が続いており、土砂崩れ、土石流の危険があります。
ashio1.jpg



植樹すると言っても簡単ではなくて、山に生息するカモシカ(日光市の天然記念物に指定)に若葉を食べられて
枯れてしまわないように、1本ずつの木の周りに覆いをつけなければならない。
ashio2.jpg

と言うことで、この週末、足尾に植樹に行ってまいります。古河からも誰か参加してくれるとうれしいんですけど・・・
関連記事
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ
  にほんブログ村この記事が役立ちましたらクリックお願いします。

秘密

トラックバックURL
→http://inspire91.blog3.fc2.com/tb.php/749-9bb62a4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。